36歳崖っぷちサラリーマンのキャリアとか生き方に向き合うブログ

東京で働く35歳(開始時期)のサラリーマン。離婚、退職勧告を乗り越えて、自分の人生の開拓真っただ中。

改めて経営陣との会話

今回事業停止に伴い、次の戦略について経営陣との会話の時間を個別に作っている。

 

詳しく話しを聞いて思ったことは、経営側の見方は現場よりもさらに厳しいものだった。

 

事業の計画性はもちろん、今後のスケール感や対環境策含めた部分で全くもって疑念の持っていた。

 

完全に経営陣との齟齬を生んでしまった。

めちゃめちゃ反省している。

 

事業を組織化することが、本来の目的だったはずなのに。

 

必ず挽回する。

仕事の基本はスピードと信頼関係であること

昨日、仲の良いクライアントととの会食だった際に、以下のことを言われた。

 

「ebisu pandaさんっていつも電話出ないし、メール返信も遅いよね」

 

どきっとした。。

 

実は、

先週もらったメールを一時回答もなく、一週間あけてその回答を返信したこと。

また、週中に大事な用事があって、電話をしたが自分側が気づかず。そして確認が出来なかったことによって案件の機会損失が起きてしまったこと。

 

そのあとは、

ただひたすら相手に怒られる時間が続いた。

 

「仕事舐めてるよね」

「いる意味ないよね」

「あぐらかいてるんじゃないの?」

「本当は仕事できないでしょ?なんで評価されてるの?」

戒めのために記載してみた。

 

一緒に同席していた代理店担当者が止めに入ってくれたが、クライアントの怒りは止まらなかった。

 

本当に久しぶりに自分で凹んだ。

めちゃくちゃ怒られた。

 

今回の件があり、

36歳になって改めて仕事の基本について考えた。

 

最近の自分の働き方について、

どちらかというと事業側のことばかり考えていたこと

やはりマネジャーという立場で気を抜いてしまっている部分があったこと

その辺りは事実だと思った。

 

自分もすでに営業から離れてしまっているが、

仲の良いクライアントや代理店とのパイプは今でもあり、相談されることは多い。

 

だが、

全てに向き合いきれないのであれば、仕事を引き継ぐべきであると思った。

 

また社会人としての基本として、

スピードレスポンスの重要性を改めて感じた。

 

これは自分が仕事を依頼する側としても同じだと思った。

相手の立場に立って仕事をする。当たり前のことが実は基礎であり、信頼の構築なんだと思う。

 

社会人一年目のブログのようなことを書いている自分にびっくりしているが。

全ては基本が大切であることを改めて気づかされた出来事だった。

 

 

 

メルペイからキャッシュレスカフェへの転向

f:id:ebisupanda:20190829214826j:plain

外観はかなりオシャレ。北参道の路地裏に位置する

f:id:ebisupanda:20190829214817j:plain

店内はスペースは広く無駄なものがない。サラダも提供している

f:id:ebisupanda:20190829214834j:plain

ノーストローのカップ ドリップアイスコーヒーを注文






https://forbesjapan.com/articles/detail/28919/1/1/1

 

元メルペイのCPO松本さんの記事。

以前Amazonの人もそうだった。デジタルをやるとリアルに興味が生まれる。

 

デジタルで当たり前になったスキームのブルーオーシャンは、実はリアルにあるのかもしれない。応用が効くという意味で。

 

でも、

松本さんのカフェというキーワードは

自分の中に何となくキニナルワードになった。

カフェはDAUの価値として世界共通だし。

ヨーロッパや日本、そのほか世界のカフェは人に根付いたものだと思う。

 

そこに、

ロジカル、デジタル、プラットフォームを組み合わせることによって。

新しいムーブメントが生まれる可能性は大いにあると思う。

 

一杯のコーヒーが生む価値はそれだけ広いような気がする。

少し話を聞きに行ってみようかな。

 

日経クロストレンドフォーラムを終えて

初の外部セミナー。

クライアントとのセッション。

資料作りに結構な時間を割いた。

結果自体がどうだったか。でもはじめての体験をやりきることができた。

周りへの感謝。

 

自分がやったことないこと。

自分が経験することはすべて。

自分の糧になる。

 

面倒くさいなんてもってのほか。

やらせてもらえることはやろう。

やったことは自らチャレンジしよう。

すごい人って常に進化を継続できる人

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00027214-forbes-bus_all

 

武井壮武勇伝。笑

でも間違ったことは一切。

継続は力なり。

変化と進化は力なり。

3カ月チャレンジは人にとって難しい

3カ月で人は変わる。

書籍を読んだ230日前。

 

3.5周ほど3カ月が回ってきたが、継続できていることがない。。

色々忙しいという状況が理由となるが。

 

例えば英語。。

例えば趣味づくり。

仕事関連でいうと、

例えばデータ勉強

例えばプログラについて

 

継続するということはこんなにも難しいことなのかと実感する。笑

 

継続するというのは1日に時間を意識的に作るしかない。30分、1時間。

それでもチリつもだと思う。

 

うう。

自分の不甲斐なさを感じるともに自分の弱さを感じる。

 

◇残留課題。笑

英語。あの一冊を完了すること!

趣味。見つけるところから。

データ。SQL簡易的なもの書けるようにとGAカスタムレポート。

定例 振り返り 定例でわからないことを調べること。

プログラ 毎週リコピンと勉強会

アウトプットタイム シンクしてアウトプット

書籍 あの二冊読む

 

まずは。ここから。

 

 

 

 

マイデータインテリジェンス

https://www.mydata-intelligence.co.jp/

電通グループの情報バンク

 

データ流通が本格化していくね。

個人情報管理側の法律が付いていくかどうか。

 

でも期待値は大きい。

市場規模5000億円

同じ顧客に対して別業態のコラボ

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/smp/business/entry/2019/019758_amp.html

 

ブランシェグループ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000035610.html

 

美容室と飲食店

理容室とスタイリストショップ

 

同じサービス業として通じるものがあり。

顧客の被るが競合しない。

 

リアルな場でもプラットフォームの価値が生まれてきていることを感じる。